読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NESSの日記+

不定期更新。ゲーム関連がメインです。

白夜、追加コンテンツ第3弾感想

以前に「覚醒のキャラと戦いたくない」とか言ってましたが1000円で白夜ルートが買える(2016/2/29まで)となって「正義は此処に(~颯)」がいつでも聴きたい為に購入。事前の情報として「覚醒キャラは必須じゃなければ倒さなくても良い(死なない)」「難易度は暗夜ノーマル>白夜ルナティック」ということでいきなりルナで始めました。

感想

・誰だよ白夜ルナをぬるいって言ったやつ。暗夜ハードくらいはあったぞ。

・特化して固い兵種がないので釣りだしが辛い。ほとんどの場合竜石を持ったマイユニか守りの薙刀持ちのオボロかヒノカ、防陣にスズカゼで追撃を無くした修羅リンカでやるかリョウマに防陣クリムゾンで先に殲滅していました。しかし25章(マクベスマップ)で完全に詰む。ここで初めて攻略サイトを開き遭遇戦でジェネラル*2を捕獲、終章までお世話になりました。

・武器Sになれる兵種は暗夜より多いが全体的に火力不足。暗夜が力なら白夜は技みたいなところがありますが白夜の武器が暗夜の武器より威力が-1なので微妙に足りないことが結構ありました。メインウェポンが雷神刀、風神弓、スキル「毒蛇」でそこにダメージを与えることが多かったです。

・レオンに渡した水晶の正体は?真実が見えると言ってアクアがワープの書と交換で渡したもの。透魔のものではあるだろうが登場するのは全ストーリーでもここだけ。疑い深い次男を納得させた内容とは・・・

・ゾーラ(イザナ公王に化けて章のオチにブリュンヒルデを食らうソーサラー)のキャラが唯一変わっていた。最終的に寝返ろうとするが最期にどこかタクミを思っていた様子。

後はタクミの登場時、姿が眷属化してて(トラウマだったから)ものすごく驚いた事と第一王子のくせに単独で暗夜に潜入したり友好関係を築いてたり臣下2人(しかも捕まっている)いらないんじゃと思ったり。

 

ここからは追加コンテンツ感想。泡沫の記憶遍はネタバレ注意!

・白夜祭

支援会話以外の親子会話がみられる。覚醒の秘湯ポジ。全親子と会話出来る分会話は1度のみ。人気投票で男女子世代TOP2の特別な一枚絵をみられる(なお白夜ルートだとディーアしか見られないこともなくシグレとミドリコの一枚絵がみられる)。カップリング次第で子供の内の性格が変わるので新たな一面がみられて楽しい。クリア報酬は聖痕の紋章(マスターロード)と絆の種とキツネのお面、特殊ギミックも竜脈のみなので周回も楽。

・暗夜祭

親世代で同国(一部を除く)で同性(一部ry)の王族とその臣下、または支援会話がないキャラの会話がみられる。覚醒の夏と収穫祭を混ぜた感じ。こちらは2度会話が発生し、覚醒とは異なり会話した次のターンに会話がみられる。こちらも人気投票で男女親世代TOP2の特別な一枚絵をみられる(白夜ルートでもオボロ以外に2人みられる)。報酬は英雄王の紋章と絆の種とパンプキンヘッド。進行を邪魔する樹木や砲台、スキル持ちのノスフェラトゥや高難易度でワープ持ちの魔女がいたりちょっと面倒だが、ノーマルならそこまで苦には感じないので周回も楽。

リョウマとクリムゾンの会話は「リョウマてめぇ!」って思いました。あとフウガさんの会話相手が見つからないんですが。

 

以下泡沫の記憶の感想。

 

 

・泡沫の記憶

本編で何故出したレベルで空気な子世代がメインのストーリー。最終マップのみカジュアルでも戦死するので注意。魅力は子世代が神器を受け継いでいたり(シノノメは槍聖ではなく剣聖)新規収録のBGMやシグレのナレーションと歌声、透魔王国内で戦う敵将が総出演だったり。遊んでいるデータの子世代のカラーは引き継がれないがたまに出る(ついでにアクセサリーも)。本編ではほぼ不可能な子世代の公式カラー勢揃いでプレイできる。オーディンとラズワルドの持っていた転移の水晶が役に立ったり(ルーナぇ...)、リリスが人間の姿で生きていたり、子世代でも主従関係があったり(カミラ隊...)、深く遊んでいるプレイヤーはニヤっとする場面が多い。最終マップでは眷属になった親との対戦。親子で戦わせると戦闘会話がみられ子供の成長や親に対する気持ちが聞ける(血縁関係でもみられる)。どうも公式はタクミが好きなのかスカディを持っている。弱体化してるとはいえトラウマを抉るのはやめていただきたい(褒め言葉)。無事全員生存でクリアすると特別なEDに王族親子の一枚絵やシグレのボイスが聞け、さらに敵専用スキルだった近接射撃の書が手に入る。あとはスカディが配信されれば...w

このストーリーを遊んで子世代が好きになり白夜祭でさらに遊べるとてもいい追加コンテンツだったと思います。

 

追記:主に白夜祭に関する項目を追加、訂正をしました(2016/4/18)